最新ニュース

「熊本大地震」への取り組み

 弊社と鳥栖市は4月20日、熊本地震で被災した人たち用の避難場所として、鳥栖市藤木町にある賃貸住宅「つばさ鳥栖」について20戸を無償で貸与することで合意しました。つばさ鳥栖自治会の協力も得て、官民連携で避難者を支援するものです。

 つばさ鳥栖は旧雇用促進住宅で14階建て280戸。現在53世帯が居住しており、うち東日本大震災の避難者は12世帯37人。

 無償貸与は5月1日から60日間。市は入居者用として電化製品などの提供を市民に呼びかけると同時に、入居に必要な光熱費を1万円以内で助成する予定です。